メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デジタル毎日スタッフリポート

新連載続々! 医療プレミア

 「健康を楽しくする カラダに効くサイト」をキャッチフレーズに昨年6月スタートした医療・健康情報サイト「医療プレミア」。開設1周年を迎え、新連載が続々とスタートしています。

     まずは長年ウェブでの情報発信を続けている精神科医、林公一先生の「Dr.林のこころと脳と病と健康」が先行して5月よりスタート。人の脳が作り出す不思議な病、「こころと脳と病と健康」が織りなす微妙で複雑な関係を、膨大な診療実績に基づくエピソードで描き出します。連載第1回、第2回は統合失調症を取り上げ、Twitterで多くの人にリツイートされるなど、早くも大きな反響を呼んでいます。またこの連載のビジュアルは、長野市を拠点に、大絵馬の絵師として活躍する、OZ-尾頭-山口佳祐さんが担当。トップに表示される毎回描き下ろしのバナーも見どころです。

     人気連載「からだと病の歳時記」の加藤士郎・野木病院副院長は、新連載「漢方でつくる 心と体の健康歳時記」で再度登場いただきました。臨床において西洋医学と漢方・東洋医学を融合させた治療をいち早く導入し、その道のプロとして医師の世界でも全国的に知られる加藤先生が、いよいよその神髄を語ります。

     認知症患者と家族に寄り添った連載「幸せな認知症」の上田諭・日本医科大講師も新機軸の連載で再登場。「医をめぐる情景」と題して映画、小説、音楽などの作品中に描かれたさまざまな「医療」を、上田先生流のウイットに富んだ文章で紹介します。

     新規連載陣としては、長年、ロンドン在住のフォトグラファー、末盛亮さんが登場。かの地で話題の健康トピックスを生活者の視点で写真とともに紹介する「点描・ロンドン健康生活」が始まりました。

     ほかにも、働く現場で直面するうつについて、同僚や上司、部下の視点からもリポートする「誰も言わない うつの本音」(フリーライター、西川敦子さん)▽病気はあるけど元気に?クリニックに通ってくる「つるばあさん」とドクターとのやり取りから、終末期医療の本質に触れるコラム「街場の医療塾 つるばあさんの上手な医者の使い方」(桜井隆・さくらいクリニック=兵庫県尼崎市=院長)▽医療に関する正確な知識や情報を「自力で集める方法」を解説する「どう知る?どう使う?健康・医療情報」(医療ジャーナリスト、北澤京子さん)▽「不健康な老化」を防ぐ最新研究紹介(米井嘉一・同志社大学教授)▽数少ない女性泌尿器科の専門家による女性医学連載(奥井識仁・よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニック院長)ーーなどが順次登場します。

     医療プレミアは「ウェルエイジング(よりよく年齢を重ねる)ための情報」をエンターテインメント性の高い「面白い読み物」として届けるメディアです。元気に生きるためには、がんなど重大な病を防ぐだけでなく、足腰の強さも、視力、聴力も、肌のうるおいも大切。幅広い情報を、国内外の専門家とともに提供しています。ぜひお読みください。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

    2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

    3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

    4. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

    5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです