シャープ

自虐ネタ評判 フォロワー30万人超

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
期待の新商品、ロボホンについて率直に語るシャープのツイッター
期待の新商品、ロボホンについて率直に語るシャープのツイッター

 経営再建中のシャープの公式アカウントによるツイッター(@SHARP_JP)が注目を集めている。4月7日、フォロワー数は30万人を超え、同業のソニーやパナソニックの3万人台と比べても人気はケタ外れだ。経営不振の会社に勤める社員が揺れる胸中を自由に吐露したつぶやきに支持が広がっているようだ。

 2011年5月に開設したシャープのツイッターが広く注目され始めたきっかけは、今年初めの人気アイドルグループ「SMAP」の解散報道を受け、社名の「SHARP」にちなみ「Sで始まりPで終わる弊社としては、ドキドキ感がすごい」(1月13日)とつぶやいたこと。倒産を連想させた自虐ネタは直後に1万回以上もリツイート(転載)されるなど反響を呼んだ。

 “通”はもっと早くから着目していたとの説も。13年の経営危機時に韓国・サムスン電子からの出資を受けることになった際には、「シャープは、日本の会社と認めません!」と批判された。これに対し「私のことは嫌いになっても…シャープの製品のことは嫌いにならないでください」(13年3月6日)と投稿。アイドルグループAKB48の元メンバー、前田敦子さんの有名なメッセージで切り返すセンスは一目置かれていた。

この記事は有料記事です。

残り812文字(全文1324文字)

あわせて読みたい

注目の特集