メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海中生物

子育ての季節…陸上より2カ月遅く 高知・柏島

【上】人工的に沈めた木の束に産卵しようと近づくアオリイカのメス(右)【下左】卵を口内で保育するコスジイシモチのオス【下右】メスが産んだ卵を腹内部の「育児のう」に抱え、浮遊するジャパニーズピグミーシーホースのオス=いずれも高知県大月町柏島沖で、三村政司撮影

 高知県大月町柏島で、海中生物の繁殖活動が最盛期を迎えている。海中は、季節の訪れが陸上より約2カ月遅い。

 高級イカとして知られ、普段深海に暮らすアオリイカは、水温の上昇に伴い、沿岸近くにやってくる。オスに見守られたメスは、地元ダイバーが沈めた木の束の隙間(すきま)に白い房状の卵を産みつけていた。

 「イクメン」たちの活躍も見られた。成魚…

この記事は有料記事です。

残り141文字(全文309文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  2. ヤングケアラー~幼き介護 認知症の母を殺さなかった少女 元ヤングケアラー 27歳の今

  3. 二“人”六脚-保護犬イブと暮らして 熱中症でやせるイブ 犬にかまれ大けがも やがて穏やかな表情に

  4. 河井案里議員の秘書、有罪確定へ 連座制適用認められれば当選無効に

  5. 「パパ活への興味本位で」少女にみだらな行為 小学校教諭、懲戒免職 福岡県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです