メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

重量挙げ

大城みさき、新たな夢に向け 10月国体で引退

重量挙げの全日本選手権女子48キロ級で優勝した大城=山梨市で2016年5月21日、望月亮一撮影

 2008年北京五輪の重量挙げで、沖縄出身者としてただ一人出場して8位入賞した大城みさきが、5月の全日本選手権(山梨)48キロ級での4連覇を花道に、今季限りでの引退を決めた。苦しい生活環境の中、恩師に物心両面で支えられて約15年、競技を続け「自分は幸せだった」と振り返る32歳。10月の国体まで競技を続け、その後は「子どもたちに教えたい」と、新たな夢の実現を目指す。

 「これが最後になるかも」と臨んだ今大会。12年ロンドン五輪代表の水落穂南(23)と1キロを争う緊迫…

この記事は有料記事です。

残り698文字(全文931文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  2. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  3. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
  4. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦
  5. 第101回全国高校野球 三重大会 1回戦の8試合、きょうに順延 /三重

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです