メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝鮮人捕虜尋問

米、反日意識鼓舞狙う?

 「日本に教育された朝鮮の若者は親日か、それとも一皮むけば反日か」「連合国(の米国・英国・中華民国3首脳)が将来の朝鮮独立に合意した(1943年の)カイロ宣言を知っているか」−−。米軍が朝鮮人捕虜向けに用意した尋問は、日本の植民地支配の矛盾を探り、戦後の朝鮮統治の選択肢も検討した周到なものである。【岸俊光】

 「『帝国』日本の戦争に翻弄(ほんろう)された最底辺の人々の様子が生々しく伝わってくる。尋問調書は、捕虜が当時の認識を自由に述べた点に、特に価値がある」

この記事は有料記事です。

残り1971文字(全文2201文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相の資産6277万円 内閣平均1億651万円 閣僚ら資産公開

  2. 下地幹郎衆院議員、自民沖縄県連に復党願 IR汚職巡り維新から除名処分

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです