メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝鮮人捕虜尋問

米、反日意識鼓舞狙う?

日本植民地支配の矛盾探る

 「日本に教育された朝鮮の若者は親日か、それとも一皮むけば反日か」「連合国(の米国・英国・中華民国3首脳)が将来の朝鮮独立に合意した(1943年の)カイロ宣言を知っているか」−−。米軍が朝鮮人捕虜向けに用意した尋問は、日本の植民地支配の矛盾を探り、戦後の朝鮮統治の選択肢も検討した周到なものである。【岸俊光】

 「『帝国』日本の戦争に翻弄(ほんろう)された最底辺の人々の様子が生々しく伝わってくる。尋問調書は、…

この記事は有料記事です。

残り1985文字(全文2201文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  2. ORICON NEWS 内野聖陽、『きのう何食べた?』細部までいき届いた繊細な演技に絶賛の声
  3. 長谷川博己さん、明智光秀の菩提寺訪問 来年の大河ドラマ「麒麟がくる」主役
  4. 兵庫県庁、700億円かけ建て替えへ 耐震対策 30年度まで
  5. 大きな虹 福岡の空に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです