順大付属医院

点滴の電源一時切断…74歳女性、容体悪化

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 順天堂大学付属順天堂医院(東京都文京区)の心臓血管外科で昨年6月、入院していた女性(74)の強心剤の点滴装置の電源が一時、切れ、点滴できない事故が起きていたことが分かった。家族と弁護士が9日、東京都内で記者会見し、明らかにした。弁護士らによると、病院側は必要以上にアラーム音が鳴らないよう看護師が電源を切ったと説明しているという。女性は意識はあるものの、自力歩行などができない状態。別の病院に入院し、治療を受…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文513文字)

あわせて読みたい

注目の特集