メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みちのく建物探訪

福島県白河市 小峰城跡 幾多の苦難、語る象徴 /宮城

三重やぐらが特徴的な小峰城の天守と前御門

 各駅停車に揺られてJR白河駅のホームに降り立つと、城郭が目前に見える。独特の三重やぐらの天守(高さ約14メートル)が存在感を放つ。白と黒色の外観に上品さを感じるが、幕末の戦火や東日本大震災など幾多の苦難を乗り越えてきた歴史がある。

 急な階段をゆっくり進み、やぐらの3階に上がった。窓から見下ろすと、公園の芝生でくつろぐ親子連れが見えた。駅周辺の市街地の先は、田園が広がっている。

 目線を城内にやる。板張りの床が、光を反射している。柱の高い場所にある説明書きに気づいた。「戊辰戦争…

この記事は有料記事です。

残り919文字(全文1159文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  2. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  3. 「ゴージャス、まるでホテル」西鉄が「最高級バス」お披露目

  4. 死体遺棄容疑で32歳父親を逮捕 さいたま小4男児殺害 埼玉県警

  5. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです