メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの戦い

アラブの春5年・第3部/2 ネット使い政権批判 若者の言論空間に

スイス西部ヌーシャテルで、毎日新聞の取材に応じるアルベル・ザキさん=2016年1月27日、秋山信一撮影

 民主化要求運動「アラブの春」到来直前の2010年11〜12月、エジプトでは人民議会(国会)選挙が実施され、ムバラク独裁政権の与党・国民民主党が議席の8割以上を占めて圧勝した。だが、「想定通り」の選挙結果以上に一般国民の関心を集めたのは、インターネットのソーシャルメディアに投稿された、選挙中の不正を示す動画だった。

 何十枚もの投票用紙に記入していく男性、大量の投票用紙を投票箱に放り込む男性、投票所の床に散らばった記入済みの投票用紙。一連の動画は、投票所の警備を担当するはずの警察当局が、組織的に投票偽造や投票用紙の差し替えを行った疑いを世間にさらした。「小型カメラや携帯電話で撮影された動画が、大量に持ち込まれた」。当時、カタールの衛星テレビ局アルジャジーラのプロデューサーだったムハンマド・ハゼムさん(62)は…

この記事は有料記事です。

残り711文字(全文1069文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです