メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クマ

目撃件数、過去10年で最多に 宮城

住宅街の一角に設置されたクマへの注意を呼びかける看板=仙台市泉区紫山で

 宮城県内で4月以降、クマ(ツキノワグマ)の目撃が相次いでいる。県自然保護課によると、6月9日時点で過去10年で最多の259件に上った。県内では人的被害は確認されていないものの、秋田県でクマに襲われたとみられる男女4人が亡くなるなど、秋田地方を中心に被害が続出している。今年は山中だけでなく、市街地周辺でのクマの目撃情報も増えており、県や県警は外出する際は十分注意するよう呼びかけている。【真田祐里、本橋敦子】

 自然保護課によると、県内のクマの目撃件数は4月に入って急増。5月の1カ月間だけで154件に上った。今月9日現在で259件と、昨年と同じ時期に比べて85件増加した。目撃されたエリアは、山林の多い県北部だけでなく、仙台市内の住宅街など県内全域に及ぶ。

この記事は有料記事です。

残り792文字(全文1121文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  5. 東京都が3回目の時短要請発表 不要不急の外出自粛も イート「利用控えて」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです