メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

阿蘇猿まわし劇場 客激減も「前を向き頑張る」

地震前と比べて大幅に観客数が減った阿蘇猿まわし劇場で公演する「ぽんちゃん」(手前)と「くり松」(奥)のサルたち=熊本県南阿蘇村で2016年6月7日、宮間俊樹撮影

 熊本県の観光スポット「阿蘇猿まわし劇場」(南阿蘇村)の来園者が熊本地震後、激減している。地震前は1000人超が来場する日もあったが、現在はゼロのこともある。劇場のスローガンは「気づけば皆笑顔」。客がわずか2人の日も、全力の演技で元気を送り続ける。

 今月7日火曜日の午後、約650席の客席に客は2人だけ。軽やかな音楽とともに、同劇場専務で調教師の村崎英治さん(34)と「ぽんちゃん」、調教師(36)と「くり松」の2組が登場した。ぽんちゃんは12歳の、くり松は15歳の、いずれもオス。人間なら30〜40代で、芸歴10年を超えるベテランだという。

 ぺこりと頭を下げてあいさつしたぽんちゃんが、椅子に座って器用に足を組むと観客から笑い声が起こる。二つの台の間を飛び移る演技で、村崎さんは台の間隔をどんどん広げて、その距離は約3.5メートルに。するとぽんちゃんは「無理だよー」とばかりに頭を抱えた。しかし、村崎さんの「はい!」のかけ声で見事一発でクリアすると、この日一番の拍手が起こった。

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1343文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  3. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです