メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
熊本地震

阿蘇猿まわし劇場 客激減も「前を向き頑張る」

地震前と比べて大幅に観客数が減った阿蘇猿まわし劇場で公演する「ぽんちゃん」(手前)と「くり松」(奥)のサルたち=熊本県南阿蘇村で2016年6月7日、宮間俊樹撮影

 熊本県の観光スポット「阿蘇猿まわし劇場」(南阿蘇村)の来園者が熊本地震後、激減している。地震前は1000人超が来場する日もあったが、現在はゼロのこともある。劇場のスローガンは「気づけば皆笑顔」。客がわずか2人の日も、全力の演技で元気を送り続ける。

 今月7日火曜日の午後、約650席の客席に客は2人だけ。軽やかな音楽とともに、同劇場専務で調教師の村崎英治さん(34)と「ぽんちゃん」、調教師(36)と「くり松」の2組が登場した。ぽんちゃんは12歳の、くり松は15歳の、いずれもオス。人間なら30〜40代で、芸歴10年を超えるベテランだという。

 ぺこりと頭を下げてあいさつしたぽんちゃんが、椅子に座って器用に足を組むと観客から笑い声が起こる。二…

この記事は有料記事です。

残り1022文字(全文1343文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  4. ヒマワリ 200万本、黄色の海 八戸 /青森

  5. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです