メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふるさと納税

山形・真室川町 特典は「一日町長」

町職員から説明を受ける福永活也さん(左)=真室川町役場で

 ふるさと納税で山形県真室川町に100万円を寄付した東京都港区の弁護士、福永活也さん(35)が10日、「一日町長」に就任した。同町によると、ふるさと納税の特典として「一日町長」に就任したのは県内初という。町立真室川中学校で生徒215人に講話し、「失敗を恐れるのは恥をかくのが怖いだけで、実害はないことが多い。他人の評価は気にしなくてもよいので、スピードを持って物事に挑戦してほしい」と呼びかけた。【野間口陽】

 同町は2014年1月、ふるさと納税のお返しの品「返礼品」の魅力を高めようと、100万円以上を寄付した人に対する「一日町長体験」を加えた。

 三重県伊勢市出身の福永さんは、人口減少が進む中で地域活性化に取り組む約30の自治体に寄付。「一見奇抜なアイデアを取り入れ、実現までこぎつけた積極性は素晴らしい」と昨年11月、100万円を同町に寄付した。香川県東かがわ市や群馬県中之条町でも一日市長(町長)の体験をしたという。

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文811文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  2. 昨季王者・中大が東洋大に勝利 東都大学野球秋季リーグ開幕

  3. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

  4. オーストラリア・モリソン首相 11月にも訪日 中国けん制と地元紙報道

  5. 検証プラス・新型コロナ 遅い政策、消えた「味」 コロナ倒産500件、中小企業に打撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです