ジャパネットたかた

商品種類9割カット

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ジャパネットたかたの高田旭人新社長(右)。左は高田明前社長=東京都港区六本木で2015年、丸山博撮影
ジャパネットたかたの高田旭人新社長(右)。左は高田明前社長=東京都港区六本木で2015年、丸山博撮影

 通信販売大手のジャパネットたかたなどを傘下に置くジャパネットホールディングス(HD、長崎県佐世保市)は10日、約8500種類の取扱商品を7月までに1割以下の約600種類に絞り込む方針を明らかにした。販売商品を少なくすることで、顧客サービスの充実を図る。通販サイトをリニューアルし、全商品に45秒の紹介動画をつけるなど商品説明を詳しくする方…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集