メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大修館書店

鈴木社長、教科書協会会長を辞任へ

 教科書会社「大修館書店」(東京都、鈴木一行社長)が、自社の英語教科書を採択した高校にドリルを無償提供した問題で、業界団体の教科書協会会長を務める鈴木社長が10日、文部科学省で記者会見し「業界全体をリードする職にいることは不適格」と述べ、責任を取って月内に会長職を辞任すると表明した。

 鈴木氏は、小中学校の教科書を発行する会社12社が検定中の教科書を教員らに見せたり、謝礼金を渡したりした問題が発覚後の今年2月、会長に就任したばかり。協会は月内に臨時理事会を開き、後任を決める。

 会見などによると、同社の営業社員男女3人は今年3〜4月、自社の英語教科書を採択した東京、埼玉、神奈川、茨城、新潟の5都県の公立11校と私立3校の計14校に英語のドリル計1500冊(1冊290円)を無償提供した。教科書協会は自主ルールで、学校など採択関係者に教材を含む金品の提供を禁じている。

この記事は有料記事です。

残り221文字(全文606文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. ORICON NEWS ホリプロ、舞台『アクタージュ』の今後は「改めてご報告」 原作者が逮捕報道で事実確認中

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 大阪府知事「うがい薬でコロナ陽性減」 個別商品示す意味あるのか

  4. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです