メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
大修館書店

鈴木社長、教科書協会会長を辞任へ

 教科書会社「大修館書店」(東京都、鈴木一行社長)が、自社の英語教科書を採択した高校にドリルを無償提供した問題で、業界団体の教科書協会会長を務める鈴木社長が10日、文部科学省で記者会見し「業界全体をリードする職にいることは不適格」と述べ、責任を取って月内に会長職を辞任すると表明した。

 鈴木氏は、小中学校の教科書を発行する会社12社が検定中の教科書を教員らに見せたり、謝礼金を渡したりした問題が発覚後の今年2月、会長に就任したばかり。協会は月内に臨時理事会を開き、後任を決める。

 会見などによると、同社の営業社員男女3人は今年3〜4月、自社の英語教科書を採択した東京、埼玉、神奈…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文606文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  4. サンデー毎日発 全国240大学・実就職率ランキング 学生の将来にも責任を持つ就職支援力が高い大学は?

  5. 第101回全国高校野球 準決勝の見どころ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです