メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宇宙開発レース

探査車、鳥取砂丘で訓練へ 月面に見立て

月面を走る探査車のイメージ=HAKUTO(ハクト)提供

 鳥取県の鳥取砂丘を月面に見立てて探査車を走らせる実験が9月に行われる。世界16の民間チームが宇宙開発レースでしのぎを削っており、日本から唯一参加しているチーム「HAKUTO(ハクト)」が宇宙に向かう前の訓練地に選んだ。砂丘を管理する県も「宇宙に鳥取の名をとどろかせる好機」と、支援に乗り出した。

 レースは米グーグル社などが支援する民間財団が、宇宙ビジネスの育成などを目的に2007年に開始。世界各国の16チームが独自開発した探査機を月面で500メートル以上移動させ、現地から高精度の動画と静止画を地球に送るまでを競う。

 当面の期限は17年末までで、優勝チームには2000万ドル(約21億3000万円)が贈られる。ハクト…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  3. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  4. 大阪モノレールで車両発煙 最大約2時間運転見合わせ
  5. 行方不明 来日中国人女性、富山で 先月20日から /富山

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです