メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北の至宝

道内の文化財を訪ねて 旧網走監獄 静かに光差す舎房 /北海道

天窓で自然光を取り入れている舎房の廊下。両側に房が並んでいる=博物館網走監獄で

 網走市の天都山中腹に移転保存されている「旧網走監獄」と「旧網走刑務所二見ケ岡刑務支所」の2件8棟が2月、国の重要文化財に指定された。刑務所施設の重文指定は全国初。木造の監獄は世界的に珍しく、主要施設を完全な形で残す国内最古の行刑施設でもある。野外展示施設の「博物館網走監獄」は、明治期に行われた過酷な囚人労働による道路開削など、北海道開拓の礎となった名も無き人々の埋もれた歴史を伝える。【文・写真、坂本智尚】

 レンガ造りの重厚な正門をくぐると、正面に典獄(刑務所長)が執務をした庁舎、さらにその奥に、囚人が収…

この記事は有料記事です。

残り2056文字(全文2311文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです