メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外拳銃強奪 男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
難民の大学就学支援制度

10年目 門戸広げ、人材育成を 第1期生のミャンマー人男性「日本との懸け橋に」 /東京

「チャンスがあれば日本と母国の懸け橋になれる若者はいる」。難民やその子供たちへの高等教育支援拡大を訴えるミョウさん=府中市内で

 日本国内で暮らす難民が日本の大学で学ぶための「難民高等教育プログラム」が今年、導入から10年目を迎えた。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)と大学による制度だが、現在国内で学生を受け入れているのは私立大4校だけで、国公立大学はゼロ。「日本と母国の懸け橋になるチャンスが広がれば」。ミャンマー出身の制度1期生は、キャンパスの門戸拡大の必要性を訴えている。【野倉恵】

 難民高等教育プログラムは、UNHCR側が選考し推薦する難民を大学側が受け入れ、入学金や学費を免除す…

この記事は有料記事です。

残り1109文字(全文1342文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  4. ORICON NEWS 堤真一、主演映画の観客の少なさに嘆き 事務所社長から報告「10人だったみたいで…」
  5. 都内30代男の逮捕状請求へ 強盗殺人未遂容疑などで 現場に土地勘 交番襲撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです