メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏に問う

2016参院選/2 保育 笑顔で働き続けたい 受け皿拡大だけでは不足 /兵庫

 翌月の勤務表を見て、神戸市の会社員、田中美穂さん(仮名、30)は顔を曇らせた。保育所が閉まる日曜祝日も仕事が入っている。「会社は私を追い出したいのかな」。次男の育児休業から4月に復職したばかり。生後6カ月だった昨春は保育所の空きがなく、会社が規定する育休を延長。職場に戻ると、平日勤務のみのはずの「配慮」はなくなっていた。1年前に働ければ−−。夕暮れ時、2人の子どもと家路を急ぐ足取りは重い。

 国家資格を生かして働いていたが、今は育児による急な休みを敬遠され時短勤務で資格と無関係の接客や掃除…

この記事は有料記事です。

残り1209文字(全文1456文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  3. 支局長からの手紙 ゴリラからの警告 /京都
  4. 運慶作と伝わる帝釈天像内に木箱 X線調査で判明
  5. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです