メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

購入者参加 呉服店の挑戦(その2止) 生産者、輝いてこそ

「プラチナボーイ」の生地を手に藍染め作家の福本潮子さん(右)に新作を依頼する泉二弘明さん。「このドレープ(ひだ)が美しいのよね」と福本さんは話す=京都市中京区で、小松雄介撮影

 

 ◆生き残り懸ける呉服店

客が養蚕・織り体験

 今、着物が売れない。民間のシンクタンク・矢野経済研究所の「呉服市場に関する調査結果」によると、2005年に約6100億円あった市場規模はこの10年で、約2805億円に半減した。着る機会も減って、着物はますます身近なものでなくなっていく。業界では生き残りを懸けた厳しい競争が続く。

 「どこも後継者不足。作る職人が輝かないと、作品の魅力も伝わらない」。東京・銀座の呉服店「銀座もとじ…

この記事は有料記事です。

残り4860文字(全文5073文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 読売新聞記者がセクハラ 懲戒処分へ
  3. 人口動態統計 10~14歳死因、自殺最多 17年100人、動機不明が突出
  4. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです