メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBT

抱える問題「可視化」

=レスリー・キー氏撮影

 13人に1人と言われながら、日常生活では「見えない存在」として扱われがちな性的少数者(LGBTなど)が抱える問題を、映画や写真などカルチャーの力で可視化しようとする活動が広がっている。16日には、こうした活動に焦点を当てたトークイベント「目に見えないLGBTを、ポジティブに可視化する」が、毎日新聞東京本社(東京都千代田区)の毎日ホールで開かれる。

 ゲストには、渋谷区で同性カップルに「結婚に相当する関係」(パートナーシップ)を認める条例策定に関わった認定NPO法人グッド・エイジング・エールズ代表、松中権さんを招く。

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文780文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 東京ディズニーランドとディズニーシー休園へ 29日から3月15日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです