メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蛭子さんの自由が一番

尊敬できる父=蛭子能収

 この間、テレビの番組で私の父のことが取り上げられた。父は四国の漁師で船団を組み、1カ月ほど家を離れ、海に出ていた。父は船団の中でも重要な、魚を見つける担当だった。父は魚群を見つけるのが得意で、漁師軍団の中でもベテランともてはやされていたという。

 私はこのVTRをテレビ局のスタジオの中で見て、つい涙を出してしまったのだ。

 私は子供の頃、父のことはほとんど考えていなかった。その頃の私はほとんどの日を母と二人で過ごしていた…

この記事は有料記事です。

残り938文字(全文1149文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです