メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

井波律子・評 『老生』=賈平凹・著

 (中央公論新社・3996円)

目先の欲望に呑み込まれる空しさ

 著者の賈平凹(ヂャピンウア)(1953年生)は、ノーベル文学賞作家の莫言(モオイェン)と肩を並べる現代中国の代表的作家。一九七二年、文化大革命期に、西安の西北大学に入学、在学中から小説を書きはじめ、習練を重ねるが、賈平凹の名をいっきょに高からしめたのは、一九九三年に刊行された長編小説『廃都』である。『廃都』は、古都西安を舞台に、知識人階層の頽廃(たいはい)した日々を描いた作品であり、現代中国小説に稀(まれ)に見るセクシュアルな描写で話題を呼んだが、発禁処分を受け、長らく絶版状態がつづいた。これ以後も、賈平凹は数多くの作品を発表しつづけ、二〇一四年に刊行された長編小説『老生(ろうせい)』は、その最新作にあたる。

 『老生』は、『廃都』とは打って変わり、賈平凹の故郷をモデルにしたとおぼしい、陝西(せんせい)省の秦…

この記事は有料記事です。

残り1734文字(全文2123文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 災害時…電気、ガス、水がなくてもポリ袋で簡単調理

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです