メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『「大正」を読み直す 幸徳・大杉・河上・津田、そして和辻・大川』 著者・子安宣邦さん

 (藤原書店・3240円)

限界を抱えていた民主主義 子安宣邦(こやす・のぶくに)さん

 日本の近世・近現代からアジアまで、広い視野から思想史を探究してきた。1933年生まれの昭和1桁世代。「昭和の全体主義の時代に生まれ、軍国少年として育ちました。それで昭和の問題に関心を寄せましたが、2、3年前からそれに先立つ大正期が気になってきました」

 誰もが「大正デモクラシー」を思い浮かべるように、大正は戦後の民主主義の前提を成したと考えられてきた…

この記事は有料記事です。

残り734文字(全文952文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

  5. 首相、1日で要人23人と「マラソン会談」 即位の礼「祝賀外交」始まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです