メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

多摩動物公園

アジア唯一「タスマニアデビル」公開 東京

展示場を元気に走るタスマニアデビルのマルジューナ(左)とメイディーナ=多摩動物公園で2016年6月11日、斉藤三奈子撮影

 多摩動物公園(東京都日野市)で11日、オーストラリア・タスマニア島だけに分布し、絶滅危惧種であるタスマニアデビル2匹の一般公開が始まった。黒い体色と胸の白い帯の模様が特徴。国内では20年ぶりの飼育となり、現在は同公園だけ。アジアでも唯一という。

 体長は約60センチ。カンガルーやコアラと同様、生まれた子どもを腹の袋で育てる有袋類のうち、肉食性としては最大だ。かつては豪州全土で生息したが、家畜を襲う害獣と疑われ減少。1996年以降、顔や口などにかみ…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文564文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. 佐世保に仮面ライダー現る 1号と2号? 果たしてその正体は…

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

  5. ホンダ大勝、2回戦へ 3年連続日本一を狙った大阪ガスは初戦敗退 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです