メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

避難生活なお4割…100人調査回答者

 熊本地震の発生から14日で2カ月になるのを前に、毎日新聞は追跡アンケートを実施している熊本県内の避難者100人に現在の状況などを聞いた。回答を得られた74人の4割にあたる29人がいまだ避難所など自宅外での避難生活を強いられていた。一方、自宅に戻ったのは45人で回答者の過半数を占めたが、その8割が「余震が怖い」など日々の生活に不安を抱えており、生活再建への道がいまだ険しい現状が浮き彫りになった。

 追跡アンケートは、地震で避難所や車中泊など避難生活を強いられた100人に対して続けており、今回で3回目。7〜10日、電話で聞き取りをして74人(発生1カ月の前回は86人)から回答を得た。

この記事は有料記事です。

残り836文字(全文1129文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相と菅氏、吉村知事を厚遇「リーダーシップに敬意」 小池氏と対照的

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 王位戦第2局、藤井聡太七段が2連勝 終盤の強さ発揮 最年少タイトルに挑戦中

  4. 「死に追いやってしまった」「逮捕されるのが怖い」 木村花さん誹謗中傷 加害者の心情

  5. 愛知・大村知事「不要不急の首都圏移動、お控えを」 県内の経済活動は推進

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです