メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
藤原帰一の映画愛

シチズンフォー スノーデンの暴露

個人の自由を巡る ウソみたいな本当の話

 皆さんの電話や電子メールを全て政府が監視していたら、どう思われますか。これは、アメリカ国民の情報が政府に筒抜けになっていると暴露したエドワード・スノーデンに密着したドキュメンタリーです。

 2013年6月、イギリスの新聞ガーディアン紙とアメリカのワシントン・ポスト紙がアメリカ政府は一般国民の情報を収集していると報道します。犯罪や反政府活動に従事する、あるいは、その疑いがある人の情報を集めたり盗聴したりすることはこれまでにも行われてきましたが、今回の場合、犯罪に関与するかどうかに関わりなく、不特定多数のアメリカ国民の電子メールや電話を政府が掌握しているというんですね。この情報を提供したのが、国家安全保障局(NSA)、さらに中央情報局(CIA)に務めていたエドワード・スノーデンです。

 イラク戦争などを題材としたドキュメンタリーをつくってきた映画監督ローラ・ポイトラスのところに、シチ…

この記事は有料記事です。

残り1202文字(全文1615文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

  2. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです