メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

在野の研究者という存在

 「在野」という言葉がどうも気になった。『在野学の冒険』(礫川(こいしかわ)全次編、批評社)を手に取ったのがきっかけだ。『広辞苑』を引くと、「在野」の意味は二つある。「官職に就かないで民間にいること」と「政党が政権を握らず、野党の立場にあること」だ。野に下る、下野するといった言い回しもある。

 政治的な意味はともかくとして、「在野の研究者」についてはニュアンスにもっと幅がありそうだ。国公立の大学や研究機関に属さない人すべてを指す場合もあれば、民間を含め一切の組織に属さず、生計の道とは別に学問に取り組む人を指す場合もあろう。さまざまな経歴の8人がそれぞれの関心と手法に基づき執筆している『在野学の冒険』も、決まった「在野」の定義を前提にしてはいない。

 自ら「在野史家」と称する礫川氏は、「在野研究者・本山桂川(けいせん)に学ぶ」という文章を書いている…

この記事は有料記事です。

残り1104文字(全文1480文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  2. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  3. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  4. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  5. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです