メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2016参院選

広島選挙区 医師が立候補を表明 「1票の格差」是正訴え /広島

 22日に公示される参院選広島選挙区(改選数2)に、安佐北区の医師、玉田憲勲(のりたか)氏(58)が13日、無所属で立候補する意向を表明した。県庁で記者会見を開いた玉田氏は「1票の格差」の是正を訴え、「今回の選挙は違憲で無効。若い人に選挙そのものを見つめ直してほしい」と語った。

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文377文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  3. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

  4. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  5. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです