メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サミット

賢島臨時派出所、住民感謝の閉所式

住民から花束を贈られる結城係長(左)と塩崎主任=三重県志摩市の賢島で井口慎太郎撮影

 5月の伊勢志摩サミット開催に伴って三重県志摩市の賢島に設置されていた県警の臨時警備派出所が13日、閉所された。約4カ月にわたる開設期間中、派出所に勤務して住民の相談などに応じてきた鳥羽署地域課の結城美重子係長(48)と塩崎功一主任(52)の2人に、住民たちから感謝の花束が贈られた。【井口慎太郎】

 派出所はサミット会場の賢島で、警備によって生じる地元住民の不安を払拭(ふっしょく)しようと、2月16日に近鉄賢島駅前の観光案内所を改装して設けられた。結城係長と塩崎主任が島内を巡回したり、相…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文613文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  3. 島根大、4学部で新選抜 へるん入試、21年度「一般、特定型」 好奇心や課題意識を重視 /島根

  4. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです