メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメフット

スポーツ庁官僚が試合出場 鈴木長官が激励

アメフットの東日本社会人選手権「パールボウル」の試合前に、鈴木大地・スポーツ庁長官の激励を受ける高木勇海選手=2016年6月13日、小座野容斉撮影

 13日、東京ドームで行われたアメリカンフットボールの春季東日本社会人選手権「パールボウル」を、鈴木大地・スポーツ庁長官が観戦した。出場したLIXILディアーズには、スポーツ庁で働く高木勇海選手が所属していて、鈴木長官は、試合開始前に高木選手を激励した。

 高木選手は1989年、神奈川県の出身。東京の開成高校時代は野球部に所属、東京大学入学後にアメリカンフットボールを始め、攻撃のクオーターバック(QB)と、守備のディフェンスバック(DB)としてプレーしてきた。

 LIXILには、運営が企業(鹿島)からクラブチームに変わった初年度の2014年にトライアウトを受け…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  3. 支局長からの手紙 ゴリラからの警告 /京都
  4. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  5. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです