メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『高田渡と父・豊の「生活の柄」』『歌が街を照らした時代』

[PR]

◆『高田渡と父・豊の「生活の柄」[増補改訂版]』本間健彦・著(社会評論社/税抜き2000円)

 「歩き疲れては(略)草に埋もれては寝たのです/所かまわず寝たのです」は、山之口貘(ばく)「生活の柄」を曲にした高田渡の代表作。2005年に56歳で没したフォークシンガーは、ずっと同じ姿勢で歌い続け、その存在感は不変である。

 本間健彦『高田渡と父・豊の「生活の柄」[増補改訂版]』は、高田渡の反骨と詩の精神が、多く父の豊から受け継いだことを証明する。いくつも恋をし、生活に破れ、一冊の詩集を残して逝った父親。著者は、相似形として昭和を生きた2人の生涯を追う。

 岐阜の資産家の家に生まれながら、貧民救済の収容施設に転がり込むまで落ちた高田一家。しかし、このダメな父親は、どこか夢見がちで子どもっぽい。4人の男の子も、悲惨な目に遭いながら、許し、離れずくっついて行く。

 誰とも似ていない、類い稀(まれ)なる歌を作った高田渡だったが、たった一人、似ている人が父親だった。高田の部屋には、父・豊の写真がいつも飾られていたという。

◆『歌が街を照らした時代』久世光彦・著(幻戯書房/税抜き2000円)

 小説や絵画がなくても人はなんとか生きていけるだろうが、唇に歌なくして、つらい世を相渉(わた)るのはとても無理だろう。「もしかしたらドラマよりも好き」と、インタビューに答えたのが久世光彦(くぜてるひこ)。

 『歌が街を照らした時代』は、歌について書かれた文章を一冊に集める。ドラマ「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」などを演出してきた久世は、劇中で出演者に歌を歌わせるのが好きで、自身、作詞もした。歌が大好きだったのだ。

 偏愛する作詩家なかにし礼の歌詞「あなたならどうする」を愛(め)でながら、失われた時代を追悼する一節は、身が震えるほどの名文だ。久世は言う。「男も女も、倦怠と懶惰と含羞を見境なく身につけて酒を飲みながら口笛を吹いて器用だった」。それが「なかにし礼がよく似合う街だった」。

 「リンゴの唄」「港が見える丘」など、本書を読んでいると、いかに歌が時代と寄り添ってきたかがよくわかる。あなたはどんな歌を歌ってきましたか?

◆『きみがもし選挙に行くならば』古川元久・著(集英社/税抜き1300円)

 この夏、参院選より実施される「18歳選挙権」には賛否あり、難しいところ。民進党議員の古川元久の『きみがもし選挙に行くならば』は、18歳になる息子と対話する形で、その意義と意味を問いかける。若者の選挙参加で政治は変わるか?という疑問や、民主主義そのもののシステム、あるいは愛国心についての解説も含め、日本の将来を、具体的にわかりやすく説いている。若者の投票で、接戦区では、勝敗がひっくり返る可能性もある。若者に期待しない国は、滅びるだけだ。

◆『まなざしの記憶』植田正治・鷲田清一/著(角川ソフィア文庫/税抜き880円)

 2000年の死後に、世界的にも再評価されることになった写真家の植田正治(しようじ)。鳥取砂丘に、人物をオブジェのように配置した作品が有名だ。哲学者の鷲田清一(わしだきよかず)は、植田の写真に触発され、その魅力から思考し、『まなざしの記憶』という本にまとめた。「そのあたりまえの印画紙のなかに、いまなお閑かな慈しみの感情が深く深く浸透してくるのはなぜだろう」。作品の読み解きや解説ではなく、写真の向こうにある世界と対話するエッセーだ。植田正治の代表作図版を多数収録する。

◆『世界の名前』岩波書店辞典編集部 編(岩波新書/税抜き800円)

 名前はその人を表す大事な証し。岩波書店辞典編集部編『世界の名前』は、『岩波 世界人名大辞典』を編んだ執筆者たちが、担当した国の名付けの秘密を楽しく紹介する。長い名前より出身地が大事なスリランカ・シンハラ人。スペインには、ゴルド(デブ)、フェオ(醜男)、ラダロン(泥棒)などあだ名に基づく姓がある。スペインのカタルーニャでは、内戦後の占領下、名前を変えさせられたという。名前には、親の願いの他に込められた意味、歴史、意外な事実がある。びっくりだ。

−−−−−

岡崎武志(おかざき・たけし)

 1957年、大阪府生まれ。高校教師、雑誌編集者を経てライターに。書評を中心に執筆。主な著書に『上京する文學』『読書の腕前』など

<サンデー毎日 2016年6月26日号より>

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「俺コロナだけど」 ドラッグストア店の業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  2. 「海女の支援に」 アワビ稚貝と真珠のピンバッジが人気

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. コープこうべ、開店後30分間を高齢者ら専用に 「知らなかった」引き返す一般客も

  5. スタバ、9日から850店舗で休業 緊急事態宣言対象の7都府県

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです