メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

個展

心の動き、粘土は語る 中ハシ克シゲ

中ハシ克シゲ=清水有香撮影

 ぐいっとひねられた先端や、拳で突かれたようなくぼみ。美術家、中ハシ克シゲ(61)による粘土の造形は手の痕跡をとどめつつ、変化の予感をはらむ。関西では約10年ぶりの中ハシの個展「もっと面白くなるかもしれない。」が大阪市浪速区のスナバギャラリーで開かれている。

 新作10点。表面はどれも灰色に覆われ、両手でつかめる程の大きさだ。制作の際、「何を表現しようとかは考えていない」と中ハシ。たたく・引っ張る・ねじるといった単純な動作を即興的に繰り出し、わずか数十分で形成された粘土の塊を乾燥させて仕上げた。

 「日本的風景」をモチーフにした金属彫刻などを手がけ、2000年からは戦争の記憶を問う「ゼロプロジェ…

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文636文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  4. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測
  5. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです