熊本地震

前向ける仕組みを 「遠野まごころネット」臼澤良一理事長に聞く /岩手

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 熊本地震の発生から14日で2カ月がたったが、避難者は今も約6400人もいて、余震の恐怖から車やビニールハウスなどで寝泊まりする人も多い。東日本大震災の「恩返し」と、発生直後から現地で支援活動を続けるNPO法人「遠野まごころネット」の臼澤良一理事長(67)は「被災者が前を向ける仕組みが必要」と話す。現状と課題を尋ねた。【聞き手・中尾卓英】

この記事は有料記事です。

残り970文字(全文1140文字)

あわせて読みたい

注目の特集