メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

前向ける仕組みを 「遠野まごころネット」臼澤良一理事長に聞く /岩手

 熊本地震の発生から14日で2カ月がたったが、避難者は今も約6400人もいて、余震の恐怖から車やビニールハウスなどで寝泊まりする人も多い。東日本大震災の「恩返し」と、発生直後から現地で支援活動を続けるNPO法人「遠野まごころネット」の臼澤良一理事長(67)は「被災者が前を向ける仕組みが必要」と話す。現状と課題を尋ねた。【聞き手・中尾卓英】

−−熊本での支援活動は。

 ◆熊本県菊池市の江頭実市長らの協力で5月末、市内の宿泊施設にボランティアのベースキャンプを設けた。そこで、県内外を問わず1日10〜20人のボランティアを受け入れ、菊池市だけでなく阿蘇市や西原村、南阿蘇村、益城(ましき)町などへ派遣する「遠野方式」(震災時に内陸の遠野を拠点に、沿岸部を支援した方法)で活動をしている。

この記事は有料記事です。

残り799文字(全文1140文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 囲碁は「国技」、日本棋院が定款変更 「伝統文化」内外に発信狙う

  2. 「口先だけの謝罪」足立区議へ残る批判 自民は幕引き図る LGBT差別的発言

  3. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  4. 米司法省、グーグルを独禁法違反で提訴 米メディア報道 MS以来20年ぶり大型訴訟

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです