メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京の人今日の人

女性起業家賞を受賞 中村朱美さん /京都

 我が家自慢のステーキ丼を皆に味わってもらえたら−−。夫婦で散歩しながら語り合っていた夢を二人三脚で実現し、社員が仕事もプライベートも充実して働ける経営スタイルを実践している。

 京都市右京区西院の「国産牛ステーキ丼専門店 佰食(ひゃくしょく)屋」などを経営する株式会社「minitts」(西京区)社長、中村朱美さん(31)。素材にこだわったおいしさは老若男女の舌をうならせ、数多くのテレビ番組や雑誌で取り上げられた。だが、ワークライフバランスを意識した経営手法に光が当たることは少ない。

 大学卒業後、会社員をしていたが、激務で働き続けられるか将来像を描けないでいた。家庭で夕食づくり担当だった夫(44)特製のステーキ丼が大好きで、「これを皆に食べてほしい」と独立を決意。2012年11月に開業した。

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文812文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京女子医大病院に賠償命令 薬16倍投与で死亡 医師らに1500万円 地裁判決

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

  4. 京都府警、アベノマスク窃盗容疑で81歳逮捕 自宅からも78枚見つかる

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです