メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

柴沼淳子さん=フランス人画家ロルジュを支えた

柴沼淳子さん

柴沼淳子(しばぬま・じゅんこ)さん(79)

 第二次大戦後のフランス具象絵画を代表する画家、ベルナール・ロルジュ(1908〜86年)。核戦争の恐怖や貧困、革命など一貫して政治的テーマを描いた画家を17年間、秘書として支えた。死後、作品集の刊行や欧州各地で展覧会を企画し、画業普及に努めた功績で2007年にフランス国家功労勲章を受章した。

 出会いは68年。来日時に通訳を務めたのがきっかけで、日本で展開するスカーフの製作事業を任された。翌…

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文649文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  5. 福島処理水問題 安全基準の「ずれ」埋めよ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです