連載

躍動の予感 32代表の横顔

11月22日に開幕する第91回都市対抗野球大会。栄光の黒獅子旗を目指し東京ドームに集う32代表を紹介します。

連載一覧

躍動の予感 32代表の横顔

第87回都市対抗野球 32代表の横顔/1

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
前回大会で橋戸賞に輝いた日本生命の藤井=徳野仁子撮影
前回大会で橋戸賞に輝いた日本生命の藤井=徳野仁子撮影

 第87回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は7月15日に東京ドームで開幕する。2012〜13年の横浜市・JX−ENEOS以来となる2連覇を目指す推薦出場の大阪市・日本生命をはじめ、優勝旗の黒獅子旗を目指す32代表を紹介する。

カギ握る投手陣

 ◆大阪市・日本生命(推薦)14年連続58回目

 都市対抗と日本選手権を制した昨季とメンバーはほぼ同じ。接戦で強さを発揮するだけに、2連覇に向けて投手陣が鍵を握る。

 前回大会で橋戸賞を獲得した6年目右腕・藤井は今季も救援で起用される。先発では8年目右腕・佐川、3年目左腕・清水と実績のある投手が健在。187センチの長身から投げ下ろす2年目の本格派右腕・小林の成長も著しく、十河監督は「この4人がしっかり投げてもらわないと困る」と期待を込める。

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文772文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい