メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いま私は@熊本

熊本地震 2カ月 ぬくもり、支えに

 熊本地震発生から2カ月がたった。うれしかったことは何かを記者が避難者に聞くと、答えは「温かい豚汁」「久しぶりの風呂」「安らげる時間」。地震前の日常では当たり前だったものがボランティアらによって振る舞われ、避難生活が長期化する被災者を元気づけていた。

父のパン工房再建まで 南阿蘇村、英語講師、夏井美果さん(41)=避難所

 2次避難所のホテルに移り、家族の時間が取れるようになりました。マッサージなどソフト面での支援が、ありがたかった。両親が営むペンション「海猫屋」はパン工房が全壊し、断水が続いています。父には自慢のパンをもう一度つくってほしい。再建のめどが立つまで、支えたい。

この記事は有料記事です。

残り825文字(全文1114文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです