メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舛添都知事

「疑惑の真相究明は」に懸念も 辞職願提出

東京都の舛添要一知事=東京都新宿区で2016年6月14日午後、宮間俊樹撮影

 東京都の舛添要一知事が辞職決断に追い込まれた政治資金の支出などを巡る公私混同問題は、20日に2度目の都議会総務委員会の集中審議が予定されている。舛添氏は資料提出を約束しているが、どこまで開示されるかは不透明で、そもそも辞職願の提出で委員会が開催されるかどうかも見通しが立っていない。識者は「真相究明にはほど遠い幕引きになる恐れがある」と懸念する。

 13日の都議会集中審議で、舛添氏は「記憶にない」などと度々説明を避ける一方、一部の資料提出などには応じる姿勢も見せていた。2013、14年の正月に家族と千葉県木更津市のホテルに宿泊したことについては、元検事の弁護士による調査で「ホテルの部屋で、元新聞記者の出版社社長と面談した」と説明されたが、集中審議では疑義が相次いだ。

この記事は有料記事です。

残り570文字(全文906文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 第75回毎日映画コンクール 大賞「MOTHERマザー」 優秀賞「アンダードッグ」

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 卓球を一緒にプレー 6人が感染 山口・下関でクラスター相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです