参院選

新党改革が公約発表 「脱原発」柱に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新党改革は14日、参院選公約を発表した。「脱原発」を柱に、アベノミクスを後押しする立場から成長戦略を強調した。また憲法改正は「発議までには時間をかけるべきで、機が熟していない。時期尚早」として慎重な議論を求めた。

 脱原発の具体策として、各家庭のガス給湯器をエネファーム(水素燃料電池)に置き換え、原発は不要と主張。独自策として「医療大麻の研究推進の早期実行」を訴えた。【野口武則】

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文557文字)

あわせて読みたい