メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
舛添知事

辞職応じず 自民も不信任案提出へ

議会運営委員会理事会に出席後、報道陣からの問い掛けには答えずに東京都議会議事堂から都庁第1本庁舎に移動する舛添要一知事(右)=東京都新宿区で2016年6月14日午後2時40分、宮間俊樹撮影

 東京都の舛添要一知事の政治資金支出などを巡る公私混同問題で、都議会7会派のうち自民を除く6会派と無所属議員2人は14日、舛添氏の不信任案を議会運営委員会に提出した。自民は舛添氏に自ら職を辞するよう促したが拒まれたため、不信任案を提出する方針を決めた。各会派は不信任案を一本化した上で15日の本会議で可決する構え。舛添氏は可決を受けて都議会を解散する選択肢もあるが、改選後に再可決されることは必至だ。

 都議会最大会派で知事与党の自民は、14日朝の自民党東京都連の緊急幹部会議で、舛添氏に自発的な辞職を…

この記事は有料記事です。

残り823文字(全文1073文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

  2. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

  3. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  4. 河野外相“フェイクニュース”に不快感 日韓会談前、記者に「キヤノン? ニコン?」

  5. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです