ASEAN

南シナ海に「懸念」 中国との直接協議で異例

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 【北京・石原聖】中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)は14日、中国雲南省で特別外相会合を開催し、フィリピンやベトナムなどが中国と領有権を争う南シナ海情勢を協議した。共同議長国のシンガポール外務省の発表では、ASEANの外相が一致して、南シナ海情勢について「深刻な懸念」を表明した。中国との直接協議の場で、ASEANが懸念を伝えるのは異例。

 南シナ海での中国の埋め立て活動に対する危機感を反映し、ASEAN側は法的拘束力のある行動規範(COC)の策定に向けた「実質的な進展」も求めた。

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文474文字)

あわせて読みたい

ニュース特集