メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JTB

不正アクセス、最大793万人分の情報流出か

 大手旅行会社のJTBは14日、海外からの不正アクセスによって、最大で約793万人分の個人情報が流出した可能性があると発表した。取引先を装ったメールの添付ファイルを開き、ウイルスに感染したのが原因。JTBは警視庁に被害を相談し、警視庁は不正指令電磁的記録(ウイルス)供用や不正アクセス禁止法違反などの容疑も視野に調べている。

 流出した恐れがあるのは「JTBホームページ」「るるぶトラベル」などのオンラインを利用して、2007年9月28日から16年3月21日に予約した顧客の個人情報。項目は(1)氏名(2)性別(3)生年月日(4)メールアドレス(5)住所(6)郵便番号(7)電話番号(8)パスポート番号(9)パスポート取得日。パスポート番号のうち約4300件は現在も有効という。

この記事は有料記事です。

残り660文字(全文998文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  2. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  3. 安倍首相1カ月半ぶりに会見 追加質問認めず 広島・平和記念式典後

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 旧基準ならもう赤信号…危険水域分かりにくい「大阪モデル」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです