メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌舞伎

義経千本桜 復讐誓う姿に凄み=評・小玉祥子

 「義経千本桜」を3部に分けて上演している。

 1部が「碇知盛(いかりとももり)」で「渡海屋」「大物浦(だいもつうら)」。染五郎初役の渡海屋銀平(ぎんぺい)実は平知盛。銀平の花道の登場に大きさがあり、知盛の正体を現し、義経(松也)への復讐(ふくしゅう)を誓う姿に凄(すご)みが出た。

 「大物浦」では三悪道のセリフが利き、入水まで悲愴(ひそう)美が漂った。猿之助は、お柳で世話女房の風情を見せ、典侍の局(つぼね)となってからは安徳帝(武田タケル)への愛情を感じさせた。市川右近の相模五郎、亀鶴の入江丹蔵がいい取り合わせ。右近の長男、タケルが初お目見え…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文683文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです