メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悠々ホルンさん

いじめ、不登校、虐待… 子供の「SOS」歌うライブ /千葉

 いじめや不登校、虐待などで悩んでいる子供たちの「SOS」を歌で表現するミュージシャンがいる。我孫子市在住のシンガー・ソングライター、悠々(ゆうゆう)ホルンさん(29)。自らの不登校や、数々の相談に乗ってきた経験から作った歌は悩む子供たちを勇気づけてきた。「子供たちの苦しみを知って」との思いを胸に各地で講演しており、18日は佐倉市で「トーク&ライブ〜声にならないSOS〜」を開く。

 家庭や学校での疎外感から不登校となり、自殺を試みたこともあったというホルンさん。つらい気持ちを吐き出す唯一の手段が音楽だった。自分を守るためにも音楽を作りたいと思い立ち、高校卒業後、自作曲を歌う動画をインターネット上で公開し始めた。

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文820文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 風知草 鬼滅ブームと菅伝説=山田孝男

  3. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  4. ORICON NEWS キャンディーズの伝説のコンサートがデジタルリマスターで蘇る 

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです