メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

横浜市共同参画推進協

脱「社畜」情報誌で特集 男性の働き方変え女性活躍 /神奈川

「脱『社畜』」の特集を企画した中川真奈美さん(左)と書評を担当した金涼子さん=横浜市戸塚区の男女共同参画センター横浜で

 横浜市男女共同参画推進協会が発行する情報誌「フォーラム通信」の夏号に「脱『社畜』!」と銘打った特集が掲載され、話題を呼んでいる。市男女共同参画センターを運営する同協会が「女性が活躍するには長時間労働など男性の働き方を変えなければ」という問題意識から、あえてストレートな表現を使い、問いかけた。センターの図書館で6月末まで開かれている書籍の特集展示でも男性の生きづらさや働き方をテーマとする本に関心が集まっているという。【藤沢美由紀】

 フォーラム通信は年3回、各号1万2000部発行。話題の夏号は現在、駅や公共施設で無料配布されている。通常は主に女性の仕事や生き方を扱っているが、今年は「働き方改革」をテーマとしていることもあり、夏号では仕事に追われている若い男性にも届く内容を模索。巻頭の特集記事では「脱社畜ブログ」というブログを運営する男性へのインタビューを掲載し、表紙の写真もスーツ姿の男性を登場させた。インパクトの強い「脱社畜…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文795文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです