メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わが町にも歴史あり・知られざる大阪

/432 メリヤス会館 /大阪

レトロモダンなメリヤス会館=大阪市福島区福島3で、松井宏員撮影

 ◆環状線・福島

ここはヨーロッパ!? 戦火は遠く…瀟洒な建物

 前回は作家、田辺聖子さんの生家の田辺写真館跡をたどったが、その近くに建つ北の大火で焼け残った蔵の向かいの立体駐車場は、隣のお寺とは関係ないそうです。

 さて、戦火で焼き尽くされた「わが町」への、田辺さんの哀惜に触れたので、近辺の戦争の痕も見ておくことにしよう。「泥の河」のきっちゃんとのぶちゃんが、福島天満宮の天神祭へ行くために渡った堂島大橋。欄干などが所々、黒ずんでいるのは、1945年3月の大空襲で、猛火に包まれた痕だ。

 「福島区史」によると、焼夷(しょうい)弾の油脂が流れて火の海となり、さらに橋の歩道に敷き詰めてあった木レンガが燃え続けた。橋の北詰めに係留されていた食料を積み込んだはしけも、焼夷弾の直撃で炎上。橋は四方から火攻めにあった。橋の南から逃げてきた人々が殺到、火を消しながら渡っていったという。

この記事は有料記事です。

残り977文字(全文1364文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです