メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝塚ワールド

タカラヅカ 月組上演中「NOBUNAGA<信長>」 退団間近、龍が熱演 /兵庫

織田信長を熱演する龍真咲

 宝塚歌劇団月組が宝塚大劇場で、ミュージカル「NOBUNAGA<信長>−下天の夢−」(作・演出、大野拓史)を上演している。戦国時代を駆け抜け、天下統一を目前としながら夢破れた織田信長の生涯を描く。今公演で退団する男役トップの龍真咲(りゅうまさき)が、信念を貫きながら時代を生きた信長を力強く演じる。7月18日まで。【文・小寺裕子、山本愛、写真・山田哲也】

 尾張の戦国大名・織田信長(龍真咲)は、桶狭間の戦いで駿河の今川義元を討ち取り、名を上げる。足利義昭が、都に上って将軍家の治世を支えてほしいと頼む。しかし都へ上がるためには、信長の正室・帰蝶(きちょう)(愛希(まなき)れいか)のふるさと、美濃を滅ぼさなければならなかった。信長は覇者への道を進むことを決意し、美濃を滅ぼす。

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文861文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. タイ首相、改憲手続き表明 臨時国会で デモの早期沈静化図る

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです