障害者施設

閉じ込めは「虐待」、県指摘 背景に職員不足か /鳥取

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 鳥取市鹿野町今市の「県立鹿野かちみ園」で入所者の女性3人が20〜3年間、居室の外から鍵をかけられ長時間閉じ込められていた問題。県は身体拘束をする緊急性があるとは認められないなどとして、虐待と指摘した。一方、施設側は家族の同意があったり、施設利用者の介助に手が回らない状況があったりしたことが、今回の長期拘束を生んだ背景にあったと釈明した。【高嶋将之、小野まなみ】

 鹿野かちみ園は社会福祉法人「県厚生事業団」が運営する。15日、県庁で取材に応じた園側によると、3人はいずれも異食行為や暴力をふるうことがあった。このため本人や他の利用者の安全を守るという目的で、家族の同意を得た上で施錠をしていたという。

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文725文字)

あわせて読みたい

注目の特集