メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

多数決の結果は民意の反映か 坂井豊貴氏

 参院選が22日に公示される。結果次第では選挙後に憲法改正の発議や国民投票がある可能性もある。これらは全て多数決で決められる。その結果が民意だとされているからだ。だが、それは本当に正しいのか。「多数決を疑う」(岩波新書)の著者、坂井豊貴・慶応大教授(40)に聞いた。【聞き手・尾中香尚里、写真・中村藍】

−−「多数決を疑う」必要性を訴えているのはなぜですか。

この記事は有料記事です。

残り3028文字(全文3206文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. 台東区の病院、都内で最大のクラスターに 都「院内感染で拡大、濃厚」

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 「国は緊急事態宣言を」 大阪府知事、感染経路不明増加で 新型コロナ

  5. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです