メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
発信箱

しっかり食べよう=落合博

 女子長距離ランナーの26・8%が鉄剤の静脈注射をしたことがある。全日本大学女子駅伝に出場経験のある26大学を対象にした順天堂大女性スポーツ研究センターの調査で分かった。この事実の重大さ、深刻さをすぐに理解できる人はどれだけいるだろうか。

 まじめな女性アスリートほど「体重や体脂肪を減らせば競技力が向上する」と勘違いして食事量を減らし、エネルギー不足による無月経に陥り、疲労骨折などを誘発する。とりわけ持久系の長距離種目は高いリスクを抱えている。

 最も注意すべき内科的疾患である運動性貧血は「減量による身体的ストレス」によっても引き起こされる。女…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文669文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. アディオス「神の子」 フェルナンドトーレスが引退試合 イニエスタらと競り合う

  5. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです