メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

国民投票 EU残留派、企業頼み 財務相、日立施設で演説

経済への影響を強調し残留への投票を呼びかけるオズボーン財務相(左)と労働党のダーリング元財務相=英南東部アシュフォードの日立製作所鉄道車両基地で15日、坂井隆之撮影

 【アシュフォード(英南東部)坂井隆之】英国で23日実施される欧州連合(EU)からの離脱の是非を問う国民投票まで1週間に迫り、残留派が企業への働きかけを強めている。残留を目指すキャメロン政権は、離脱による経済への悪影響を前面に出して投票を呼びかけており、企業に主張を後押ししてもらうのが狙い。ただ、態度表明に慎重な企業も多く、浸透が十分とは言えない状況だ。

 「日立をはじめ多くの世界的な企業が、離脱は投資に打撃を与えると言っている。それが現実だ」。英南東部…

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文862文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 安倍首相公式ツイッター、ローマ教皇と誤り別のアカウントを拡散

  5. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです